私が治療の世界に入ったきっかけは、『挫折』です。

 

この歳になると、世間体やプライドは一切ないので、正直に書かせていただきます。

 

私の挫折とは、心と身体のバランスが崩れ、健康を害して、東京の大手企業を辞めざるを得なかった「人生の挫折」です。
一番の後悔は、とにかく組織の「ナンバー3に入ること」だけを目指して、なりふり構わず、大事な体をイジメ続けて、結果、ひどく壊してしまったことです。

 

具体的には、「十二指腸潰瘍、胃潰瘍、慢性胃炎、うつ病、パニック障害、逆流性食道炎、顔面麻痺....」など、次々にしっぺ返しを受けました。

(顔面麻痺で目が閉じないので、テープを貼って寝ていました。)

 

この間の5年は、「とにかく生きよう!」と、自分の体に何が起きているのかを、必死で考えました。
「心と体のメカニズムや、小さな成功体験を積むことで自信を取り戻す訓練や、腹式呼吸法やヨガで自律神経をコントロールする方法や、ストレス発散やマイナス思考を埋めるためのランニングや山登り」など、日々の体調を見ながら、段階的に色々と試しました。

 

同時期に、診療内科も受診しました。
急に襲ってくるパニックを抑制するために、安定剤を3ヶ月ほど飲みましたが、やはり安定剤をあまり使用したくなかったので、上記のようなことを、自分なりに試した次第です。

 

結果的に、長いトンネルを抜け、自分で自分の体を守ることができました。
大変な思いをしましたが、この経験が、今の私の『推進力』となっているようです!

 

そして、この貴重な経験を、不調で悩んでいる方々のために役立てようと思い、整体やカイロの学校などに通い、体のメカニズムや、解剖学、触診術などの専門的な知識を身に着けました。

 

おかげさまで、現在は、2012年に開業以来、臨床も延べ1万人を超え、たくさんのお客様に喜んでいただいています♪

 

皆さんにこれだけは、伝えたいと思います。
この経験で学んだことは、「人は、簡単に壊れるということ。そして体は労わってあげれば、ちゃんと答えてくれるということ」です。

 

今、困っている方のお力になることが、私の生涯をかけての使命だと思っています。

 

"体のこと、心のこと " 何でも結構ですので、私に一度ご相談下さい!

 

『出会いが人を変えると、私は信じています! あなたの勇気を私に下さい!』
よろしくお願いいたします。