よくある質問

 

質問一覧

 

・どれくらいの頻度で受ければよいのですか?

症状が軽減したのち、生活習慣からくる姿勢や体質を変え、再発させない状態にするためには、3ヶ月がひとつの目安です。

 

・はじめの1〜2ヶ月の施術頻度は1週間に1回(ぎっくり腰や五十肩などの急性の強い痛み場合は、3日に1回)、理由は、次の施術につなげるために良い状態を維持させるためです。

 

・3ヶ月目は、2週間に1回。理由は、症状が落ち着き、生活習慣を変化させる大事な時期だからです。
・4ヶ月以降は、月1回の定期的なメンテナンス(健康維持)として施術をうけることで、不調の波をほとんど感じなくなります。

 

この状態になると、スポーツや趣味、仕事に集中でき、寝れば疲れがとれ、朝気持ちよく起きれるようになります。

 

1回の施術時間はどれくらいですか?

 

初めてのお客様は、根本改善のために問診(60分程度)をさせて頂きます。
健康3大要素であります「食事、睡眠、運動」に関する生活習慣などをお聞きします。
その後、姿勢分析などの検査(10分程度)を行います。

 

施術時間は以下のとおりです。

 

@【心とからだプレミアムコース】(目安:初回90分程度、2回目以降45分程度)
(初回カウセリング(60分)+ハイブリッド整体(45分)+週1回の電話カウンセリング(30分))1
5,000円

 

A【心とからだコース】(目安:初回90分程度、2回目以降45分程度)
(初回カウンセリング(60分)+ハイブリッド整体(45分))12,000円

 

B【からだコース】(目安:初回60分程度、2回目以降30分程度)
(ハイブリッド整体(30分))8,000円

 

 

各コースの施術時間は、症状により変わります。(目安としてお考え下さい。)

 

施術を受ける格好は?

 

基本的にそのままの格好で大丈夫ですが。股関節ストレッチなどを行いますので、動きやすい服装(ジャージやスウェットなど)が良いでしょう。こちらでもお着替えはできますのでTシャツやジャージなどをお持ちいただいても結構です。

 

妊娠・生理中でも受けられますか?

 

(問診時に必ず妊娠しているということをお伝えください)
基本的には、安定期に入った(18〜35週)期間の施術(横向きまたは座位姿勢)は可能です。しかし、病院で安静にしたほうがいいと診断された方への施術は行ないません。(生理中の施術は可能です)

 

保険はききますか?

 

健康保険は適用されません。
すべて自費での施術になります。

 

2人同時に受けられますか?

 

施術は一人で行なっていますので、お一人づつの施術になります。
「感染防止」と「プライベート空間」としてご理解ください。

 

子供連れでも大丈夫ですか?

 

施術中、お子様がお一人と過ごせることが前提ですので、事前にご相談下さい。

 

駐車場はありますか?

 

店舗正面に2台分の駐車スペースがございます。ご利用下さい。

 

体の弱い方、ご年配の方も受けられますか?

 

当院で行うハイブリッド整体は、お顔に軽い振動を与え、脳神経のエラーを整えていくソフトな整体です。
ご年配の方、痛みに弱い方、虚弱体質の方、小学生以上でしたら、ご安心して施術を受けていただけます。

 

どんな症状に効きますか?

 

(不定愁訴)
原因不明の痛みや体調不良、自律神経失調症(頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、慢性疲労、不整脈、動悸、眼精疲労、手足のしびれなど)

 

(慢性症状)
慢性肩こり、四十肩、慢性腰痛、繰り返す(ぎっくり腰や寝違い)、股関節の痛み、膝の痛み、O脚、スマホ・PCが原因のストレートネック、猫背、側弯症、足に力が入りにくい、同じ姿勢がつらい

 

(産後)
骨盤の歪み、太り気味、下半身太り、ダイエットしたい、 むくみ、冷え性、生理不順、ホルモンバランスの崩れ、不妊など

 

なぜ根本的な回復ができるのですか?

 

皆さんが根本的な回復に至らない理由は?

 

@マッサージや電気療法など「変化の少ない施術」を受けていること。
A下記の症状回復プログラム"負のサイクル"のように、1〜3回の施術後に「楽になった」という理由で、体の歪みがある状態で、自分の判断で途中で通院を止めてしまうからです。

※ これではせっかくかけた施術の時間もお金も無駄になってしまいます!!
根本回復のカギは、『正しい施術』と『定期メンテナンス』です。

 

施術後にだるさがあるのですが?

 

骨格矯正などの施術をうけた直後、または時間をおいて、(だるさ、眠気、発熱、下痢、利尿作用、吐き気、自覚症状以外痛み、古傷の痛み)などが症状が出る場合があります。

 

これらは施術により、関節の可動域に制限があった個所が解放されることにより、これまで自律神経などのアンバランスな状態から生じていた筋肉や血管などの臓器の機能低下、痛みや不調が、回復にあわせ、他の臓器との調整や修復を行う際に、一時的に多くのエネルギーを使うため、その反応が不快な症状として表れます。(長くても2〜3日)

 

この機能回復の過程が「好転反応(良い兆し)」です。 ほとんど場合は、当日に睡眠を取ると安定します。不調が続く場合は「軽い運動」をすると楽になります。そして「心も体もすっきりとした状態」になります。

 

私の経験では、自律神経系の症状がある方、運動不足の方、体力が低下している方に見られます。もちろん好転反応がない方もいらっしゃいます。 状態が良くなる過程の一過性の症状ですので心配はいりません。不安な場合はいつでもご相談下さい。